シーズー犬 シュンとのほのぼの日記 "shunroom"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1月4日(水)15:00過ぎ
シュンがお☆様になりました。

こまかい事は、気持ちが落ち着いたら記録のためにもまたアップをしようと思っていますが、天国への階段を一生懸命に登っているシュンにお手紙を書こうと思います。

∞ シュンへ手紙 ∞

シュン、16年10ヶ月間たくさんの愛をありがとう!
楽しいときも嬉しいときも悲しいときも淋しいときも・・・・
いつも手を伸ばせば一緒にいてくれたシュンだったね。

出会いは16年前、今思えばとんでもないペットショップさんの外に歩道にはみ出したゲージのなかにいたシュン!
3頭のシーズーがそれぞれのゲージにいて、一番月齢が高くなっていたシュン。
おまけにデべそで顔半分が真っ黒でちょっとマズルがあって『この子大丈夫?』って立ち止まるとなんと愛想のいい子だったよ。
1週間ほど経って、またお店の前を通ると『待ってたよ』と声をかけてくれたシュン。
『しようがないな~!』
連れて帰っちゃたよ(^^;
帰り道、トイレトレーやペットシーツなど必要なものを買って帰ったね。
たぶんトイレシーツでおしっこなんてしたこともなかったはずなのに一度もおしっこを失敗することがなかったね。
なんだこの子は?って思ったよ。

それから8年間は、シュンとのマンション生活だったね。
とにかく人が好き!
ピンポン♪は人が来る大好きな音!
マンションなので消防点検などで人がドタバタやって来ても嬉しく仕方がないシュンだったね。
お散歩でも子供達とよく遊び、誰が声をかけてくれても安心していられたママだったよ。
お留守番も頑張ってくれたね。

そして、残りの8年間はここで24時間一緒に暮らせたね。
おうちが犬の幼稚園になること、目の前で私が他のわんこと過ごすこと、心配したけどすんなり受け入れてくれてありがとう。
そして朝夕来てくれるみんなのママ達が大好きだったね。

マンションに居たときは、知らないわんこのニオイを持って帰ると仮病を使ってビっこを引いていたシュン。
シュンはあまりべったりする子ではなかったけど、いつも私を見ていてくれたことが多かったんだよね。
今、このタイミングで???ということがたくさんあったもんね。
最後の最後まで・・・・

年末年始、お泊りわんこがいる間は寝てばかりだったけど、いつもになくプレイルームの真ん中で私の横で寝ていることが多かったよね。
そして、みんながおうちに帰った1月3日の夜から発作が始まった。
どこか痛いの?
頭をあげると発作が始まるので首が痛いの?
その夜はプレイルームに布団を運んで一緒に寝たけど、それが最後になるなんて思ってもいなかったよ。

かかりつけの病院は年末年始の休診中、先生にメールをして急きょ診てもらえることになり病院に向かう車のなかでも何回か発作があり、chiharuちゃんが運転をしてくれていたので、後部席で発作が起きた時は身体の動きをとめてあげていたけど、しばらくは静かに寝ていることを繰り返していたので、そのまま天国に行っていたなんて思ってもいなかった。
最後の最後、抱っこをしていてあげられなかったことが今一番の後悔になっちゃったじゃん。

あと15分早く病院に着いていたら、先生は処置をしてくれていたと思う。
でも、シュンはそれを望まなかったんだよね。
そして、ずーとお世話になった先生に最後ちゃんとお礼を言いに病院まで行ったんだよね。
前夜までごはんを食べて、病院に行く少し前に普通のうんちもして、誰がこんなことになるなんて思ったかな?
先生から『たぶん脳梗塞』という判断をしてもらいました。
首が痛かったと思っていたのは頭の中で大変なことが起きていたんだね・・・
最後の最後まで本当に頑張ったよ。
今までも何回も色々なことを乗り切ってきて、最後までみんなに気をつかって。
シュンと過ごした16年を誇りに思うよ。
本当にたくさんの愛をありがとう!

病院から戻って、二夜を一緒に過ごして6日金曜日、シュンちゃんはお骨になりました。
こんなに可愛い、ステキなお花に囲まれてよかったね!
幸せだね!
20170107_205312.jpg

シュンがいたから出会えた方もたくさんいたね。
皆さんに本当に可愛がってもらったね。
たくさんの思い出をありがとう!

これから、ちょっとしたときに『あ~シュンはもう居ないんだな』ってたくさんの淋しさがあると思う。
でも、それはシュンを忘れたくないから淋しさがいつか楽しさになるようにママも頑張るからさ!
時々会いに来てよ!

今頃、色々なモノを蹴散らかしながら天国への階段を登っている姿が見えるようだな~!
また、いつか会える日まで『じゃあね!』


いつまでも泣いていられないので、こんなことをしながら遊んでみました。
『シュン兄~そのビスッケット、おれにもくれよ~!』
byはちべえ
20170108_174317.jpg


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。