シーズー犬 シュンとのほのぼの日記 "shunroom"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
shunroom、久々の更新ですが、あまりいいお知らせではありません。
でも、記録として残すことにしました!

シュンは空腹時に吐くことがあるので、ごはんを3回に分けて朝夕夜に食べています。

9月28日、16時頃のごはんは普通にガツガツ食べていました。
その後21時を過ぎても寝ているので、いつもなら『ごはんの時間だろう?』と20時頃にはウロウロし始めるのでおかしいな~と思っていましたが、ごはんをあげても食べようとする気配もなく『え~どうした?』
少し前に喉に炎症があり、流動食も飲みこめなくなった時でも食べる気だけは満々だったので、『これは普通じゃない!』
翌日病院に行きました。
まずは血液検査!
BUN(尿素窒素)が基準値 9.2~29.2 が、なんと119.5
白血球も倍以上で、他にも異常値がちょこちょこあり、腎臓がかなりやられちゃったね・・・ってことになりました。
2週間効果が続く抗生剤を打って、
DSC02044.jpg

なんと。皮下点滴を毎日おうちですることになり、看護師さんにやり方を教えてもらいました。
20160929_230941.jpg

汗だくでがんばりました(^^;
シュンのお部屋も私のベット横に作り、様子を見ることになりました。
何も食べることも飲むこともなく、ただただ寝ていましたが、トイレだけは立ち上がって行こうとする姿がけな気で(>_<)
20161002_005556.jpg

1日180ccの点滴を3日間して、10月2日に再検査。
なんと、BUNが50.5まで下がりました。
DSC02035.jpg

この日は尿検査もしました。
検査センターに送る量を採れなかったので院内検査だけになりましたが、潜血反応が出ていたので膀胱炎も発症しているのかもしれませんねということでした。
DSC02038.jpg

でも、点滴は1日の量が120ccになりました。
シリンジ3本が2本になってだけで私も嬉しい(^^ゞ
シュンは心臓も悪いので、点滴の量が心臓に負担をかけないぎりぎりの量だったので減らすことが出来てよかったです。
そして、この日は1週間分の点滴とシリンジと針を持って帰りました。
1475374163287.jpg

そして、1週間後の今日10月9日
先生も『正直、ここまで下がるとは思ってもいなかったね』という数値まで下がりました!
BUNもCRPもリンも基準値になりました。
DSC00673.jpg

この1週間は鶏のスープやヤギミルクなどをやっと飲んでいる感じでしたが、飲み方も昨日くらいから勢いが出てきて、少しずつ食欲も出てきているようです。
腎臓の療法食を取り寄せたので、少しずつあげながら様子をみていこうと思います。
念のためリンを体外に出す飲み薬はもらいました。

昨日、今日は1階でも過ごしています(^^)v
DSC08669.jpg

『梨、美味しかったな~また食べられるようになるかじょ~!』(笑)
DSC01380_2016100917483353b.jpg


もう一つ心配なことがあります。
もともと後ろ足は股関節が相当ゆるく?
ひっかかっている状態?
既に外れているけど普通に歩けてる!
だったのですが、
前足が力が入らなくなってきて、立っていてもす~と開いていってしまいます。
前足ということは、もしかしたら脳が関係している可能性もあるということで、年齢的にも脳梗塞とか?
でも、それをMRIで調べるのも、調べて何かわかっても?
これ以上は負担をかけたくない私の思いも知って、先生はなるべく自然の方法を探して治療してくださっています。
アンチノールというサプリを紹介していただいたので、さっそく注文しました。
このサプリは神経系の子にすごく効果があったのを私も見てきているので、期待(^^)v

この10日ほど、手がかかることもそれほどなかったと思います。
でも、なんだか相当疲れちゃって、もっともっと大変なわんちゃん介護をしている方もいると思います。
なにもする気になれなくて、もしもの時、ペットロスになりそう・・・なんて思ったりもしましたが、
今日は少し元気になったので久々に内容はこんなですがフログを更新しました!
facebookでコメントをくださった方、メッセージやメールをくださった方、ありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

今、横で大声で寝言を言っているシュンがいます!(^^)!
し・あ・わ・せ (^-^)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。