FC2ブログ

シーズー犬 シュンとのほのぼの日記 "shunroom"

シュンの手術の件、fecebookにたくさんのコメントをありがとうございました。
ダブってしまいますが、ブログにも残しておくことにしました。
『みなさん、温かいコメントありがとうごじゃいました!』
DSC09534.jpg


シュンはもともと? 歳を重ねてから?
おやじイボが出来やすく『またここにも?』といった感じだったのですが、突然形が変わってきた箇所があり2週間前に病院に行き、耳の裏側(人間でいうと耳たぶのようなところ)と首にあるものを細胞診検査をしました。
結果『皮脂腺上皮腫』ということで急遽手術ということになりました。
特徴としては
老犬に多い!
頭部に発症が多い!
進行が早い!
切除することで再発は少ない!(でも、違う場所に新たに出来ることはあるでしょうね)
07153.jpg

手術の日程が7月27日に決まり、週末にレントゲンを撮りました。
肺ややリンパに転移はなく安心。
07152.jpg

シュンは心音に雑音があるので全身麻酔をかけることが心配でしたが、これなら大丈夫ということで、よかったです。
2012-07-15 11.12.06


検査結果を電話で聞いたときには、ショックでした。
年齢的にもいつ、何があっても!と覚悟はしていたものの凹んじゃいましたね~。
さすがにその夜は眠れなかったシュンママです。
針刺し検査の時に首は静かにしていられたのですが、耳の方は痛かったようです。
結構、痛みには強いシュンなので、動きを止めていた私の目を見ながら『クーン!』と言われたら涙が出そうでした。
なので、週末病院に行ったときは震えたりするかな?と思ったら意外に平然としていました(笑)
他にも怪しいイボがあるのですが、針刺し検査をしないで手術のときに取ってしまうことにしました。
07151.jpg


オペはけやきの元田先生が中島先生に連絡をしてくださって、超多忙中のなか、27日の夜にしていただけることになりました。
細胞診の検査も中島先生のお知り合いで細胞診では名医という平田先生がセミナーなど忙しいなか、1週間で結果をFAXで送ってきてくださいました。
日本中を難しい手術に駆け巡っている中島先生と出会って7年位になるのかな~何かとお世話になり、埼玉に引っ越してきてから中島先生を通して元田先生にもすっかりお世話になりシュンは幸せものです。
だから、大丈夫!
頑張ろうね!!!

昨夜、最後の検査で血液検査に行ってきました。
全て基準値内でした。これで何かあったらオペが延びてしまうのでよかったです。
次に病院に行くのはオペ当日になりました。
かなり、バリカンで毛を切ってしまうようです。
消毒液で染まってしまうし、しばらくケアもたいへんなので前日、シュンのトリマーさんにお願いしてかなり短くカットをしてしまうことにしました。
その日はお店がお休みなのに快く引き受けてくださったトリマーさん、感謝の気持ちでいっぱいです。
毛は生えてくるし、伸びるからいいんです。
オペも心配していません。
でも、どうしても『可哀想』という気持ちはぬぐいきれなくて・・・
『大丈夫』と気を張っていても、何気ないときに涙が出そうになってしまいます。
シュンも頑張るから、頑張らないと!

ここから先は気の弱い人はみないでくださいね・・・
切除する部分の一部です(首と耳)。
こんな感じのものがいくつもあるんです。
場所によっては、どこまで取るのかな・・・(汗)
2012-07-17 07.54.46 2012-07-17 08.00.43
スポンサーサイト