シーズー犬 シュンとのほのぼの日記 "shunroom"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1月4日
今日はシュンの一周忌です。
あっという間だったような、色々ありすぎて長かったような一年だったな~!
IMG_20180104_111434.jpg

アニマルコミュニケーションでシュンは
『おうちが犬の幼稚園になった時は、もっと静かに暮らしたいって思った。
でも、ママとchiharuが頑張っているのを見て自分も頑張ろうって思った。
慣れてからはとっても楽しかった!』って言っていました。

みんな、ありがとう!

001.jpg 002.jpg

003.jpg 004.jpg

005.jpg 006.jpg

007.jpg 008.jpg

009.jpg 010.jpg

012.jpg 013.jpg

014.jpg 015.jpg

016.jpg 018.jpg

017.jpg 019.jpg

020.jpg 021.jpg

022.jpg 023.jpg

024.jpg 025.jpg

028.jpg 027.jpg


『ママのことをすごく誇りに思っているよ。
ママとchiharuはたくさんの犬と人を助けているよね。
もっと人が動物をよりよく理解してくれるように人を助けてあげてほしいんだ。
犬だって自分のモノの見方だったり人生があることを理解することを助けてあげてほしい。』
こんな言葉も残してくれました。

shunroomは今日で終わりになりますが、シュンが残してくれた言葉をいつも感じながら頑張っていこうと思います(^^)v

シュンが6歳の時に始めたブログです。
時々『シュンちゃんですよね?shunroom見てます!』って声をかけてもらったり、会いに来てもらったり、このブログを見てシーズーを飼いましたって言ってもらったり、嬉しい出会いがたくさんありました。

皆さん、本当にありがとうございました。









スポンサーサイト
11月3日
シュンのアニマルコミュニケーションを受けてきました!
少し前にネットでメールでの申し込みをしたら、11月に来日されると返信をもらい待ちに待った日でした。

以前受けたアニマルコミュニケーション講座の時のことをローレンさんは覚えていてくださいました!(^^)!

シュンがこんな事を考えていたなんて~涙があふれたり、ローレンさんがシュンの舌をペロってしながらしゃべれなくなっている様子をマネしてくれて大爆笑になったりの1時間でした。

今、シュンはあっちの世界でシュンとしての犬生の振り返りがやっと終わって、あっちのお友達に会ったり忙しい毎日だそうですが時々私のところにも来ているそうです。

ローレンさんからは『先に向こうに行って人生の振り返りをすることは辛いことだったと思う。
魂が抜けていくと魂レベルでの目的に注目が変わっていくので、シュンの視点は面白かった。
犬のトレーニングの話はすごいなって思った。
とってもシンプルな子(複雑で面倒な子ではない)
とってもはっきりしていて、誇りを持って生きてきた子だった。
クールな感じだけど、すごくいい子だね』と言ってもらいました。

シュンからの最後の言葉は
『本当に僕たち一緒にいい仕事ができたと思うんだ。』でした。
ローレンのなぐり書きメモ4枚分を記念にもらいました。
録音OKだったので文字にしたら、やっぱり4枚になりました。

シュン、忙しいなか沢山話してくれてありがとう!(^^)!
ちゃんと受け取ったよ!

IMG_20171104_220315_201711050028260d0.jpg


IMG_20171104_220119_2017110500282471f.jpg


前回のブログでたくさんの方からfecebookにコメントをいただきました。
ありがとうございます。
シュンも私も幸せ者だな~ってつくづく思いました。
shunroomを続けてきてよかったです!

シュンがお空に旅立ってから色々な不思議がありました。
病院から戻って2日間
病院でいただいてきた箱に入れることもなく
普通にいつもの場所に寝かしてありました。
受け入れることが出来なかったんです(^^;
お花を買いにいくこともできなくて、やっと動いたのが2日め。
20170105_164134.jpg

そして、シュンは自宅に来てくれる火葬車をお願いしました。
引き取りや預けての火葬をお願いすると違う骨を持ってくるような悪徳業者もあるそうで、
『絶対に家から離れないで!』という思いからです(^^)
火葬車に抱っこで入れてくれたおじちゃんが
『あれ?やわらかいですね~普通は硬直しているんですよ』って驚いていました。
そう、今にも起きて歩き出しそうなシュンだったんです。
そして思い出しました。
私がシュンを初めて抱っこをしたとき、全体重をかけてくる柔らかさにびっくりしたんだった!
そんなの普通のことのように時が過ぎていたけど、最後まで変わらなかったね。
DSC00014.jpg

そんなとき、空を見上げて
『シュンが走っていくみたいだね』と言いながら撮った雲の写真。
すると、左下に緑の光が入っていたんです。
これってなんだろう???
DSC00018.jpg

そして火葬後
『こんなに骨が多くて、綺麗な骨の子は珍しい』って言ってもらいました。
薬をたくさん使っていたり、内臓の病気だったりすると骨まで緑色になっている子がとても多いそうです。
『出来るだけ自然で』という私の気持ちを理解してくれた先生に感謝です。
でも、シュンは最後は脳梗塞だったので頭蓋骨のなかは出血で真っ黒でした。
『こんなことが頭のなかで起きていたなんて辛かったんだろうな~本当に頑張ったね』
頑張ったシュンに皆さんからたくさんのお花、大好きだったお肉までいただいた初七日でした。
20170111_161455.jpg

シュンの身体は無くなってしまいましたが、
突然足元に気配を感じたり、私の身体を擦っていく感じがあったり、
あっ今日はそこに居るんだ~があったり、
私のまわりをチョロチョロしてくれています。
きっと、まだ私のことが心配で離れられないでいるのかもね~ありがとうシュン!

四十九日が火曜日なので、
週末にお花を買ったり、
大好きだったレバーケーキを焼いたりと
バタバタしていたのですが
突然、床の上に落ちていたものがありました。
2011年に受けたアニマルコミュニケーションの受講記録カードです。
IMG_20170220_212328.jpg

どこに仕舞ってあったのかも覚えていないもの。
きっとシュンが私に伝えたいことがあるのかもしれない・・・
3ヶ月を過ぎないと魂を呼んで来れないので、まだ先になるけど
その頃に講師だったマッコールさんが来日するような気がしてきました。
まだshunroomは続きそうです(#^^#)



1月4日(水)15:00過ぎ
シュンがお☆様になりました。

こまかい事は、気持ちが落ち着いたら記録のためにもまたアップをしようと思っていますが、天国への階段を一生懸命に登っているシュンにお手紙を書こうと思います。

∞ シュンへ手紙 ∞

シュン、16年10ヶ月間たくさんの愛をありがとう!
楽しいときも嬉しいときも悲しいときも淋しいときも・・・・
いつも手を伸ばせば一緒にいてくれたシュンだったね。

出会いは16年前、今思えばとんでもないペットショップさんの外に歩道にはみ出したゲージのなかにいたシュン!
3頭のシーズーがそれぞれのゲージにいて、一番月齢が高くなっていたシュン。
おまけにデべそで顔半分が真っ黒でちょっとマズルがあって『この子大丈夫?』って立ち止まるとなんと愛想のいい子だったよ。
1週間ほど経って、またお店の前を通ると『待ってたよ』と声をかけてくれたシュン。
『しようがないな~!』
連れて帰っちゃたよ(^^;
帰り道、トイレトレーやペットシーツなど必要なものを買って帰ったね。
たぶんトイレシーツでおしっこなんてしたこともなかったはずなのに一度もおしっこを失敗することがなかったね。
なんだこの子は?って思ったよ。

それから8年間は、シュンとのマンション生活だったね。
とにかく人が好き!
ピンポン♪は人が来る大好きな音!
マンションなので消防点検などで人がドタバタやって来ても嬉しく仕方がないシュンだったね。
お散歩でも子供達とよく遊び、誰が声をかけてくれても安心していられたママだったよ。
お留守番も頑張ってくれたね。

そして、残りの8年間はここで24時間一緒に暮らせたね。
おうちが犬の幼稚園になること、目の前で私が他のわんこと過ごすこと、心配したけどすんなり受け入れてくれてありがとう。
そして朝夕来てくれるみんなのママ達が大好きだったね。

マンションに居たときは、知らないわんこのニオイを持って帰ると仮病を使ってビっこを引いていたシュン。
シュンはあまりべったりする子ではなかったけど、いつも私を見ていてくれたことが多かったんだよね。
今、このタイミングで???ということがたくさんあったもんね。
最後の最後まで・・・・

年末年始、お泊りわんこがいる間は寝てばかりだったけど、いつもになくプレイルームの真ん中で私の横で寝ていることが多かったよね。
そして、みんながおうちに帰った1月3日の夜から発作が始まった。
どこか痛いの?
頭をあげると発作が始まるので首が痛いの?
その夜はプレイルームに布団を運んで一緒に寝たけど、それが最後になるなんて思ってもいなかったよ。

かかりつけの病院は年末年始の休診中、先生にメールをして急きょ診てもらえることになり病院に向かう車のなかでも何回か発作があり、chiharuちゃんが運転をしてくれていたので、後部席で発作が起きた時は身体の動きをとめてあげていたけど、しばらくは静かに寝ていることを繰り返していたので、そのまま天国に行っていたなんて思ってもいなかった。
最後の最後、抱っこをしていてあげられなかったことが今一番の後悔になっちゃったじゃん。

あと15分早く病院に着いていたら、先生は処置をしてくれていたと思う。
でも、シュンはそれを望まなかったんだよね。
そして、ずーとお世話になった先生に最後ちゃんとお礼を言いに病院まで行ったんだよね。
前夜までごはんを食べて、病院に行く少し前に普通のうんちもして、誰がこんなことになるなんて思ったかな?
先生から『たぶん脳梗塞』という判断をしてもらいました。
首が痛かったと思っていたのは頭の中で大変なことが起きていたんだね・・・
最後の最後まで本当に頑張ったよ。
今までも何回も色々なことを乗り切ってきて、最後までみんなに気をつかって。
シュンと過ごした16年を誇りに思うよ。
本当にたくさんの愛をありがとう!

病院から戻って、二夜を一緒に過ごして6日金曜日、シュンちゃんはお骨になりました。
こんなに可愛い、ステキなお花に囲まれてよかったね!
幸せだね!
20170107_205312.jpg

シュンがいたから出会えた方もたくさんいたね。
皆さんに本当に可愛がってもらったね。
たくさんの思い出をありがとう!

これから、ちょっとしたときに『あ~シュンはもう居ないんだな』ってたくさんの淋しさがあると思う。
でも、それはシュンを忘れたくないから淋しさがいつか楽しさになるようにママも頑張るからさ!
時々会いに来てよ!

今頃、色々なモノを蹴散らかしながら天国への階段を登っている姿が見えるようだな~!
また、いつか会える日まで『じゃあね!』


いつまでも泣いていられないので、こんなことをしながら遊んでみました。
『シュン兄~そのビスッケット、おれにもくれよ~!』
byはちべえ
20170108_174317.jpg


12月になりました!
クリスマスの飾りつけをしている最中です!

最近、ほとんど見えていないシュン!
ずーと生活してきた場所なので、何も困ることなく普通に過ごしていますが、
いつもの場所に何かがあると
『どうなってるんだじょ~???』
DSC00635.jpg

『おっと~なんかあったじょ~!』
DSC00637.jpg

『えい!』
DSC00645.jpg

『ぶつぶつぶつ・・・・』(笑)
DSC00652.jpg

ここでも、しばらくこのまま・・・(^^;
DSC00654.jpg

『なんだか、たくさんモノがあるみたいだな~!』
ぼ~~~(^-^)
DSC00609.jpg

それでも光るものはわかるので、ツリーに光がつくとツリーのまわりを何周もしていました。

こんな様子も楽しく見れるようになりました!(^^)!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。